« 鋳物の香炉 | トップページ | 今朝の箱根 »

2009年1月16日 (金)

掘り炬燵、座卓の塗装

Dsc02968k448

今日は現場まで堀り炬燵の塗装に行って来ました。無垢の天板は(セン)』です。

   寸法:850*1700*40(天板は2枚接ぎあわせ)

   

Dsc02963k448

   天板の栓は(セン)はおとなしくて綺麗な木目です。 

                           

 Dsc02966k448  Dsc02967k448_2

天板にはひし形の欅(ケヤキ)で契りのように埋め込んであります。  

                       

Dsc02971k448

今日はOSMOの下地、ウッドプロテクター(カビ止め)を塗装しました。明日は色入れをします。

               

|

« 鋳物の香炉 | トップページ | 今朝の箱根 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

色の入った出来上がりがみたいですね。

投稿: リバーフジ | 2009年1月17日 (土) 19時37分

お久しぶりです☆

ついついメーカーのものに行きがちですが
やはり無垢板はいいですね~

まだ僕にはそんな力はありませんが
いつか僕の建築設計とコラボしたいですね☆
(生意気な発言すみません

投稿: ta-ku | 2009年1月18日 (日) 23時15分

★リバーフジさんへ★
近日中にブログに載せますので是非ご覧ください

投稿: POCKET | 2009年1月19日 (月) 10時40分

★ta-kuさんへ★
お久しぶりです
無垢は木が生きているのでいろいろと調整したり、少し手間は掛かりますがやっぱりいいですね。傷がついても、色が褪せても風情が出て愛着が湧きます。
いつかコラボしたいですね。嬉しいお言葉をありがとうございます。

投稿: POCKET | 2009年1月19日 (月) 10時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掘り炬燵、座卓の塗装:

« 鋳物の香炉 | トップページ | 今朝の箱根 »